広島県福山市 形成外科 皮膚科
梅田形成皮膚クリニック

〒721-0973
広島県福山市南蔵王町5-17-36

084-983-1600

メニュー

形成外科の治療について

  • HOME
  • 形成外科の治療について

形成外科の治療について

「形成外科」という名前は、やっと周知されてきましたが、その診療内容は理解されていない部分が多いように思います。

形成外科とは体の外観や機能に影響する病態を正常の形態と機能に治療する診療科です。すなわち、何らかの病気で起こった 身体の表面の異常や変形を手術で治療したり、損傷部分を新たに再建することもできます。

外傷・外傷後変形

けが、やけど、手術の傷跡、変形など体の表面部分は形成外科で治療が可能です。たとえば、擦り傷、切り傷、やけど、しもやけ、顔面の骨折(鼻、頬、顎など)事故による皮膚のはがれなどを治療します。
また、外傷が治った後の傷跡で目立つ変形、ケロイド(傷跡が盛り上がった状態)、ひきつれをおこしているもの、顔のゆがみなど外見上の損傷をきれいにすることも形成外科の治療領域です。当院では患者様の見た目にも気を使い治療を行っております。

腫瘍、腫瘍手術後変形

皮膚のできもので良性、悪性とありますが、腫瘍をできるだけ本来の機能や形態を損なわないように治療します。また、他の科の手術で失われた組織の治療も行います。(乳がん手術後に乳房を作るなど)

先天異常

体の表面の形や色に関する生まれつきの異常は形成外科で治療可能な分野です。口唇裂・口蓋裂(みつくち)、小耳症などの耳の変形、先天性耳瘻孔、頭や顔の骨の変形、多指症・合指症など手足の異常、母斑、血管腫などのあざ、臍ヘルニア(でべそ)、眼瞼下垂などが対象となります。